=TOP= of Flight to Denmark


coffee.jpg

[book] 「北欧とコーヒー」
(青幻舎/2015年7月)

インテリアだけではない、
コーヒーの愉しみ方にこそ、北欧ライフのエッセンスが凝縮。
「コーヒー消費量」の世界トップクラスの北欧。
フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、4カ国を現地取材し、
ハイセンスな北欧カフェに集う人々に教わったその魅力と楽しみ方を伝えます。

001_b.png

nichiyouhin.jpg

[book] 「北欧の日用品」
(エクスナレッジ/2015年6月)

食器、家具、ファブリック、文具など、
名作やビンテージにとどまらず、
スーパーで手に入るエコバッグまで。
北欧を知り尽くした著者が、
永く愛されている100の日用品をセレクトし、
ものにまつわるストーリーから、
生まれた背景などまでを紹介。
毎日を美しく暮らすヒントが詰まった日用品の幸せな物語。

001_b.png

hokuounojiten.jpg

[book] 「写真で旅する 北欧の事典」
(誠文堂新光社/2014年11月)

建築・アート&デザイン・カルチャー・インテリア・自然・ショップ・観光・パブリックの8つのカテゴリーに分けて、
「美」の視点から北欧を紹介します。
美とは、なにも建築やインテリア、プロダクトだけを指すのではありません。
北欧の人々の暮らし方や考え方、自然などまでを含みます。
それらを現地の写真とともに事典形式でたどります。

001_b.png

kyojintachi.jpg

[book] 「北欧デザインの巨人たち」
(ビー・エヌ・エヌ新社/2011年5月)

使いやすく、愛着の持てる日用品。
自然と調和する、モダンな建築。
ここちよく、美しいインテリア。
これらの北欧デザインの魅力の原型を生み出した、北欧デザインの巨人たち。
彼らの多くは、暮らしの風景や流れる時間へのまなざしを持って、かたちばかりでなく、ライフスタイルのデザインに取り組んでいました。
本書ではとくに、アルネ・ヤコブセン(デンマーク)、エリック・グンナール・アスプルンド(スウェーデン)、アルヴァ・アアルト(フィンランド)に焦点を当てながら、
現在も名勝とされているその土地々々を訪れて、当時を知る人々や意思を受け継ぐ人々と出会い、巨匠たちの実像や功績の背景をたどっていきます。

001_b.png

kagotozaru.jpg

[book] 「民藝の教科書④ かごとざる」
(グラフィック社/2013年6月)

歴史的背景や思想よりも“いまの民藝"を紹介することにこだわる「民藝の教科書」シリーズ第四弾。
テーマは「かごとざる」。竹、樹皮、蔓など、その土地の風土が育むさまざまな素材を用いてつくられてきた、素朴で力強い美しさをもつ、実用的なかごやざる。
全国25カ所のつくり手と製品をレポートします。

001_b.png

kitourushi.jpg

[book] 「民藝の教科書③ 木と漆」
(グラフィック社/2012年12月)

歴史的背景や思想よりも“いまの民藝"を紹介することにこだわる「民藝の教科書」シリーズ第三弾。
テーマは「木と漆」。“木の文化"といわれる日本の暮らしを支えてきた木の道具たち。伝統的な木工品、漆工品をいまも守り続ける全国23カ所のつくり手たちをレポート。
木のある暮らしの魅力を再認識できる一冊。

001_b.png

sometoori.jpg

[book] 「民藝の教科書② 染めと織り」
(グラフィック社/2012年8月)

歴史的背景や思想よりも“いまの民藝"を紹介することにこだわる「民藝の教科書」シリーズ第二弾。
テーマは「染めと織り」。南は沖縄から北は青森まで28の産地・つくり手をレポートします。
伝統的な布がぐっと身近になる一冊。

001_b.png

utsuwa.jpg

[book] 「民藝の教科書① うつわ」
(グラフィック社/2012年4月)

歴史的背景や思想よりも"いまの民藝"を紹介することにこだわる「民藝の教科書」シリーズ第一弾。
テーマは「うつわ」。全国40以上の窯元のつくり手、製品の紹介に加え、基礎知識や使い方・選び方のアドバイスなど、民藝を知る・見る・使うための情報を幅広くカバーした「教科書」。お気に入りの民藝がきっと見つかる一冊です。

001_b.png

To Nordic.jpg

[evevt] 「To Nordic 北欧-旅とデザインとコーヒーと」
(CASE gallery/2015年9月5日-23日)

デザインジャーナリスト、萩原健太郎さんの北欧関連書籍の出版を記念し、
イベント「北欧-旅とデザインとコーヒーと」を開催いたします。
会場では、萩原さんの著書の販売、および著書に関連したイベントを予定しています。
・著書『北欧の日用品』からセレクトした北欧のデザインプロダクトの販売
・著書『北欧とコーヒー』にまつわるコーヒーのテイスティングイベント
・著書『写真で旅する 北欧の事典』の写真の展示
・トークショー/イベント開催……

001_b.png

isetan hokuou_201606.jpg

[evevt] 「北欧のモダンとクラフト」
(伊勢丹新宿店/2016年6月)

テーマは「モダンデザイン」と「ライフスタイル」。
北欧デザインの巨匠といわれる
デンマークの〈アルネ・ヤコブセン〉、
スウェーデンの〈ヨブス〉、〈スティグ・リンドベリ〉の
歴史を紐解きながら夏の暮らしにふさわしいアイテムをご紹介します……

001_b.png

wwd japan.bmp

[magazine] 「WWD JAPAN」
(INFASパブリケーションズ/2016年4月-)

連載「名作椅子をめぐる旅」
名作椅子について「見た事はあるけど・・・」と、その背景を知らない人も多いはずだ。
椅子は、生活の中で最も身近な道具の一つだ。
空間において、デザイン性で存在感を、機能性で存在意義を主張する。
それらが完璧に調和した椅子が名作だ。
この連載では、名作椅子の背景や作者などについて紹介し、タイムレスなデザインのヒントを探る……

001_b.png

Svensk Style [innovator JOURNAL].jpg

[pamphlet] 「Svensk Style(旧innovator JOURNAL)」
(innovator/2016年3月)

innovatorの誕生の地であるスウェーデンを様々な角度から切り取るinnovator JOURNALが「Svensk Style」とタイトルを替え、より広く深くスウェーデンの情報をお届けすべく、新装発刊いたしました。
Vol.5はスウェーデン第2の都市ヨーテボリに、スウェーデンを代表する車であるVOLVOの会社や社員の方をお訪ねしレポートしています。
その他、密かに力を入れている食コンテンツやスウェディッシュブランドのご紹介など、現地スタッフの綿密な取材に基づいた新装JOURNAL、内容は本サイトでも公開させていただいております!……

001_b.png

ginza mitsukoshi [hokuou].bmp

[web] 「WORLD COMPASS 世界のライフスタイル」
(銀座三越/2015年11-12月)

北欧の暮らしを萩原健太郎氏のエッセイとともに。

北欧の冬の一日の始まりは、コーヒーとともに。

10月の最終日曜日でサマータイムが終わると、ちょっと切なくなる。愛おしい太陽が顔を出してくれる時間が、これから日に日に短くなっていくことを考えると、ゆううつな気持ちにもなる。そんな気分を振り切るために、今朝はあえて早起きした……

001_b.png

MONOOQOOL_IQ.jpg

[branding] 「MONOQOOL(アイウェアブランド)」
(MONOQOOL JAPAN/2009年-)

2009年秋、パリで開催された世界最大のアイウェアの見本市「SILMO」でデビューしたデンマークのブランド、「MONOQOOL(モノクール)」。
以来、斬新な発想から生まれたアイウェアは、各国のデザイン賞を受賞するなど、高い評価を得ている。

モノクールのコンセプトは、「イノベーティブであり続けること」。シンプルなデザインの中に、さまざまなギミックが隠されている……

001_b.png

logo.gif

ライター・フォトグラファーの萩原健太郎のウェブサイト。
北欧、デザイン、インテリア、手仕事などの領域の執筆、撮影を中心に活動。

最新刊に、「北欧とコーヒー」(青幻舎/2015年7月)。